Q1:趣味や特技や経験を活かして
   タイでビジネスができるって本当ですか?


 『はい、本当です!』

Q2:初めて海外進出を検討していますが
ビジネス展開に必要な人脈の紹介や
コンサルを受けることはできますか?

『はい、できます!』

Q3:日本ではすでに参入するには遅過ぎるビジネスでも
   タイでビジネス展開することは可能ですか?


  『はい、可能です!』

お急ぎ下さい!競合だらけの日本で成功するより
タイビジネスで成功するほうが遥かに簡単です

ズバリ単刀直入にお伝えします。
タイビジネス視察セミナーに参加してください。
なぜなら、減り続ける続ける日本の市場と、その限られたパイを奪い合うライバルばかりの日本を脱出して、タイでビジネスを展開したほうが日本でビジネスを展開するよりはるかに簡単だからです。
考えてもみてください。日本は少子高齢化が進み、どんな業界であっても、間違いなく日本のマーケットは縮小していきます。そんな厳しい状況下でビジネスをするよりも、2015年の「ASEAN統合」により"非関税貿易の撤廃"や"投資の自由化"となる、アジア最大級の経済圏の中心地タイでビジネスを展開する方が、ジリ貧の日本でビジネスを続けていくよりも、あなたのビジネスに安定と成長をもたらしてくれるでしょう。
そのASEANの中心国タイで開催されるビジネス視察セミナーにご案内します。

「特技や趣味を活かしてタイでビジネスをしたい」
「タイで商品を売りたい・お店を開きたい」
「タイで商品の買い付け・輸入ビジネス始めたい」
「タイで成功しているビジネス事例を知りたい」
「タイでビジネス人脈を作りたい」
「アジア新興国でのビジネスに関心がある方」
「海外にビジネスの活路を見出すことを真剣に考えている方」
「現業に加えてビジネス基盤を海外に持とうと考えている方」


そういった個人経営者の方、小規模企業経営者の方、副業でビジネスをされている方が、みすみすチャンスを見逃さないように、そして、まだ、ライバルがこの大きなチャンスに気がついていない2014年に、まずはASEANの中心国タイでの視察セミナーに参加されることを強くおすすめします。

タイで趣味や特技を活かしてゼロから
ローリスクでビジネスを展開する方法

まずこの2枚の写真をご覧ください。


これはバンコクの日本企業の駐在員が住む日本人街の子供のダンス教室の様子です。タイには、多くの日本の大企業が進出していて、バンコクだけでも約4万人の日本企業の駐在員の家族がいます。
彼らの生活は、日本では考えられないほどの広い庭付きの豪邸に住み、タイ人のメイドや運転手を雇っています。日本人が多く住んでいる場所は治安も良くて、近くのスーパーマーケットでは日本で売られているもののほとんどが手に入ります。しかも物価は日本の1/3程度です。
駐在員の子供たちはスクールバスで日本人学校に通い、奥様方は子供たちを送り出すと、家事をすることもなくゴルフや趣味の習い事をしています。子供たちも外で自由に遊べる場所がないので学校から帰ると日本人が経営しているダンス教室や体操教室などに通っているのです。
ここに大きなビジネスチャンスがあります。
時間も経済的な余裕もあり、一定エリアに住んでいる日本人が見込み客になるのです。
もし、あなたが趣味や特技や経験を活かして、起業を考えているならタイに住んでいる、時間的にも経済的にも余裕のある日本人をターゲットにビジネスを展開することをおすすめします。

日本人駐在員の家族向けの習い事ビジネス

たとえば、あなたの特技のHip-Hopダンスを人に教えたり、趣味で続けているフラワーアレンジメントやギターや習字などがビジネスになるかもしれません。
もし、あなたがネイルの資格を持っていたり、ヨガやエアロビクスのインストラクターなら、タイ進出のために、いきなり店舗やジムを借りなくてもOKです。
まずは見込み客を集めや会場の手配など、ご要望があればタイ側のエージェントに繋いで手配をいたします。つまり、小さなコストでテストマーケティングが可能なのです。

限られた地域のコミュニティーでの
クチコミマーケティングが可能

集客も異国の限られた地域のコミュニティーということもあり、口コミマーケティングが成立します。ある媒体にイベントなどの告知をすれば、見込み客を簡単に集客することができます。つまり、日本ではすでに参入するには遅過ぎるビジネスでも、タイでビジネス展開することは可能だということです。
実際にこの方法で日本人学校の運動会前に『かけっこ教室』を開催して、大成功させた方もいらっしゃいます。

旅行気分でタイで起業準備!

テストやリサーチもなしでの、海外進出はおすすめしません。まずは小さくテストして徐々に大きなビジネスに展開のが望ましいです。
テストマーケティングは、タイに住むことなく1〜3ヶ月に1回程度、タイへの旅行も兼ねて行き来して、数ヶ月後に軌道に乗った時点で本格的な法人化などの手続きをすればいいのです。
そのために、セミナーに参加してください。手配や事前のコンサルティングなどは勿論、セミナー後に進出に向けたコンサルティングや必要な業者などのご紹介も致します。

旅行気分でタイで買い付け!

もし、あなたが東南アジアで商品の買い付けをして、日本で「せどり」や「輸入販売」を計画されているなら、タイがおすすめです。タイはASEANの中心に位置しているので、周辺国から多様な商品が集まります。タイビジネス視察バンコクセミナーに参加すれば、チャトチャックにあるバンコク最大のウィークエンドマーケットにタイ語の通訳を同伴して実際の買い付けにご案内いたします。

タイでゼロからローリスクで
ビジネスを展開するための5つのステップ

  • ステップ1:
  •  日本で開催される『タイビジネス進出セミナーin東京』でタイの現状を学ぶ
  • ステップ2:
  •  タイでどんなビジネスが可能か事前コンサルティングを受ける
    (但し、事前コンサルは「バンコクセミナーに仮申し込み」をした方限定)
  • ステップ3:
  •  バンコクセミナーに参加し、各参加者の目的別視察場所にご案内
  • ステップ4:
  •  タイに滞在中に次のステップに向けた情報入手して人脈を紹介してもらったり
     市場で買い付けなどを行う
  • ステップ5:
  •  タイに滞在中に次のステップに向けたアポや契約などの具体的な行動をとる

『初めてのタイビジネス進出セミナーin東京』
 講師 鶴田が語るタイの魅力 

はじめまして、起業家養成プロデューサー鶴田博之と申します。
タイの魅力を3つ挙げるとすれば、なんといってもタイにいる日本人の数です。常時10万人の日本人がタイにいると言われていますが、その日本人マーケット向けにビジネスを展開することができます。
次にタイ人の経済的な豊かさと親日度が挙げられます。タイでは近年の経済発展により中間層が台頭し、そこに向けて日本ならではの商品サービスを提供するビジネスが可能です。
そして最後にタイは品質の良い素材が低コストで入手できる国だということです。例えば日本人ウケしそうな石鹸やアロマオイルなど仕入れ価格の数倍で売れるものがあふれています。仮に現地に進出しなくとも日本で売れる商品を少量でも輸入し、販売してローリスクでビジネスを開始したり、テストマーケティングをすることも可能です。
今年の1月に、第1回の『タイビジネス視察バンコクセミナー』を企画し、タイ進出を検討されている5名の方をお連れしました。
6月に計画していたバンコクセミナーはクーデターの影響により遺憾ながら中止となってしまいましたが10月2日〜4日に『第2回タイビジネス視察バンコクセミナー』を催行します。

プラグインが必要です。

タイビジネス視察セミナー inバンコクのご案内


タイビジネス視察セミナー in バンコク

・日時:2014年10月2日(木)〜10月4日(土)
・セミナー会場:Asiarna Business Center Co., Ltd
バンコクセミナーメイン講師:辺田剛士
・残席:2名
持参品:筆記用具・ノート・名刺

・費用:148,000円(税込み)
※セミナー期間中の食事(昼・夜各2回)込み
※日本・バンコク間の航空券・現地ホテル代は含まれません。

<お支払い方法>

お申込みはコチラ

代金決済完了後、24時間以内にセミナーのご案内を
購入時のメールアドレスにご連絡いたします。


<主催>
鶴田博之(RocketFactory)
畠山善行(Ooparts Planning)


<後援>
D-MARK MAGAZINE

   Asiarna Business Center Co., Ltd


お問い合わせ⇒

2014年タイビジネス視察セミナーでタイが
初めての方でもゼロから判る3つのメリット

(1)タイビジネススタートの基礎が学べる
・『初めてタイビジネスセミナーin東京』でタイの基礎知識を学べる
・ビジネス開業基本(会社設立から会計まで)がタイ在住のコンサルタントから学べる
・バンコク市内の商業施設・市場視察など生の情報や現地の空気感がわかる

(2)タイビジネスをバンコクセミナーでスタート可能
・現地起業家による開業事例レクチャー
・タイ人通訳同行で市場で買い付けが可能
・日本人街にある習い事ビジネスのスタジを見学できる
・現地不動産視察で将来のタイ進出のイメージができる(住居・オフィス物件中心)

(3)タイビジネス人脈構築できる
・現地起業家やバンコク在住のタイ人との懇親交流会で、タイの文化を理解してビジネスがスピードアップ(日程中1回開催)

これら3つのポイントを、現地でのビジネス経験が豊富な起業家をゲスト講師・案内役としてお迎えして開催いたします。
そして、他社の視察ツアーにない内容としまして、参加される方のビジネス属性・リクエストに応じた日本での事前コンサルティングや、タイの起業家・投資家の方の現地でのご紹介もさせていただきます。

急成長を誇るASEAN新興国の中心地タイで
成功可能な4つの理由

タイは日本の人口の6倍にもなるASEAN新興国の中心国であり、巨大なポテンシャルと可能性を秘めた国でもあります。
今回のセミナーでは、あなたのアイデア次第でこの巨大な市場でオンリー1のビジネスを展開して、No.1になる秘訣を、数々の成功事例を交えてお伝えします。

なぜタイなのか?初めての海外進出で成功するための秘訣は4つあります。
・富裕層に加え中間所得層の割合が増加中
・世界の中でも指折りの親日国である
・物価は日本の1/3と安い
・現地日本人在留者向け市場あり(バンコクに常時7万人以上の在留日本人)

つまりタイには、競合だらけの日本市場を脱出して、海外で新しいビジネスを立ち上げる環境が整っているのです。

フリーランスや個人でも現地の日本人や
タイの富裕層を顧客に安定収入が可能!

もし、あなたが日本国内で新店舗の展開を検討されているなら、少し待ってください。
もし、出店コストが、今計画している資金の半分で済み、1年半で回収できるとしたらどうでしょうか? しかも、利益率は日本よりも非常に高いのです。
『本当にそんなうまい話があるのか?』
そう思われるなら、一度、セミナーにご参加ください。 タイは、いま急成長中のミャンマー・カンボジアなどに隣接し、ASEAN域内のビジネスハブという地政学的にも恵まれた国です。タイで成功すれば周辺国での成功の試金石となり、アジアでの事業展開の足がかりになります。
また、あなたがネイリスト、エステティシャン、美容師、デザイナーとしてのスキルをお持ちだったり、ダンス、フラワーアレンジメント、華道、茶道などの趣味や特技をお持ちなら現地の日本人の経営者や日本企業の駐在員の家族が見込み客になります。
タイの物価は日本の1/3ということもあり、タイ現地在住の日本人は、日本では考えられないような優雅な生活をしています。今、タイでは現地在住の日本人が求めるような、サービスやアクティビティが不足しているのです。日本では当り前のようなビジネスや、日本ではすでに参入するには遅過ぎるビジネスでも、タイでビジネス展開することは可能だということです。しかも、タイ現地在住の日本人以外にも、タイの富裕層の潜在顧客に向けてビジネス展開が可能です。


個人でもタイで成功できるポテンシャルを持つ
タイの30年先を行く日本のサービス産業

日本のサービス業のレベルは非常に高く、タイと日本のサービス産業を比べてみると、その差は30年も日本が先を行っているといわれています。
ミャンマーなら5、60年の差は確実にあります。
たとえば、日本のヘアサロンがタイに進出したらどうなるでしょう。予約システムやお客さまのニーズに合わせた細やかなメニューやサービス、そして、1ヶ月後にリピートしていただけるような顧客の囲い込みなど、現状のタイの美容業界では到底、太刀打ちできないでしょう。
もし、この事実を疑うなら、バンコクの美容室や床屋に行ってみてください。 髪を切るにも『長いか?短いか?』と選べる選択肢は2つしかないとしたらどうでしょう?
考えてみてください。もし、あなたがタイに住む日本人やタイの富裕層なら、どちらのヘヤーサロンに行きますか?
あなたが個人店の美容室のオーナーや、フリーのネイリスト、エステティシャン、美容師などのスキルをお持ちなら、すでに高いポテンシャルとアドバンテージを同時に持っていることになります。
想像してみてください。 現状30年の差があるタイに日本のサービスを持って行ったとしたら・・・。タイで成功可能なら、当然、次はミャンマーに展開することも可能になります。
その答えは『タイビジネス視察バンコクセミナー』にあります。

タイ初めてでも大丈夫!セミナーに参加すれば
タイの全容・タイビジネスのイロハがわかる!

このようなあらゆる好条件が揃ったタイにおいて、いかに低リスクでビジネス開業をして高いリターンを得ていくのか、今回のセミナーではこの部分を先人の起業家の事例も交えてたっぷりとお伝えします。

  • 沸騰するASEAN新興国とタイの現状
  • クーデターの後でもタイ進出をおすすめする理由
  • 個人でもローリスクでビジネスをスタートできる秘訣
  • 富裕層に加え中間所得層の台頭
  • 世界的な親日国タイと日本の関係
  • 先人の事例から学ぶタイ進出成功法
  • ライバル不在の隙間を狙う戦略の事例
  • オフィス・店舗・住居の選定
  • ビジネスモデル・スタイルの構築法
  • 登記・許認可・税対策

このセミナーでは本やインターネットなどの情報では決して知り得ない、セミナー講師の鶴田が現地で実際に目で見て、体感した”生の情報”だけを厳選してお伝えします。

タイビジネス進出セミナーで得られるもの

    あなたがセミナーで知ることができる情報の一部を公開!
  • タイにおけるビジネス展開の方法
  • 個人でも趣味や特技を活かしてローリスクでビジネス展開の方法
  • タイ周辺国への展開を視野に入れた人脈構築術
  • タイ進出のために具体的に何から始めれば良いのか明確になる
  • タイ現地からの生のビジネス展開事例を理解するとともにリスクを回避できる
  • 海外で日本人が展開するビジネストレンドが理解できる
  • タイで成功するビジネスモデルの条件
  • 先人の事例から学ぶタイ進出成功法と戦略

なぜ今、タイビジネスなのか?

タイはもともと世界的な親日国であり、日本の多く大企業や、デパート、コンビニ、日本食店も進出しています。日本の文化や日本人に対しては非常に好意的ですので、タイでビジネスを展開する環境はすでに整っています。 経済的には、富裕層に加え中間所得層の台頭してきて購買意欲も高いのですが、日本のような洗練されたサービスや商品があまりないのが現状です。物価は日本の1/3程度ですが、アッパーミドル以上は、日本食レストランで日本とさほど変わらない値段の食事をするのです。
つまり、タイに進出してビジネスを展開するリスクは、他の国よりも格段にリスクが低く、日本国内で新しいビジネスを起こすより格段に低コストで事業を立ち上げることができます。

人脈や海外展開の経験がなくても、
タイでビジネスを成功させる事は可能?

はい、可能です。

なぜなら、タイには、すでに多くの日本人が、個人経営あるいは企業でビジネスを展開しているからです。日本人向けの弁護士、税理士、不動産業、インターネットサービス、デザイナー等々、数え上げたらキリがありません。つまり、日本国内と変わらない環境で、すぐにでもビジネスを開始できるのです。
極端なことを言ってしまえば、あなたはカバンひとつでタイに行けば、住むところから、事業の登記をはじめ各種手続き、事務所や店舗レンタル、仕入れ先、備品の購入など全てが日本国内でビジネスを展開するより遥かに低コストで実現することも可能なのです。

<タイビジネス視察セミナーのご提案>
タイで何を見るべきかがわかる!
初めてのタイビジネス進出セミナー

アジア進出に興味はあるが、どの国がいいのか判らない
現地視察のツアーに参加したいが、どんなメリットがあるのか知りたい

そういった、企業様や個人事業主様は多いのではないかと思います。 タイの町並み 今年2014年の2月に開催された『タイビジネス視察バンコクセミナー』に続き、第2回目となる今回のバンコク視察セミナーでは、 個人でタイビジネスを検討されている方や、タイにお店を開きたい個人事業主の方、輸入ビジネスをすでにされている方でタイで商品の買い付けを検討されている方など、参加者様のご要望にお答えできるようタイに出発前に日本で開催される『初めてのタイビジネス進出セミナーin東京』にご参加をお待ちしております。
そこで、今回のセミナーでは、輸入販売ビジネス、美容業界、IT関連などの各業界別および個人で参加される方のニーズに合わせて、タイでビジネスを展開するのに必須の視察ツアーをご提案します。
日本国内での情報収集には限界があります。もっとも、効率よく海外進出のための情報を集めるには、現地の情報やコネクションを持ったエージェントが主催する視察ツアーに参加することをお勧めします。
ただし、ツアーパンフレットやWebサイトだけでは、本当に得たい情報が得られるのか不安もあると思います。そこで今回の『初めてのタイビジネス進出セミナーin東京』では、視察ツアーのメリット、視察ツアーで見るべき所、ロケーション、情報収集の方法など、視察ツアーに行く前に、事前に知っておくべきことを余すところなくお伝えします。
つまり、タイ進出の基本情報から、海外進出計画のために初めに何をすべきかまで「タイ進出のいろは」がたったの一日でわかるセミナーです。
このセミナーでは、現地の基礎情報から会社設立手続き、 進出後の現地での生活、現地人材採用などのノウハウを身につける事が できるセミナーになっております。

「海外進出を検討しているが、まずどうしたらよいかわからない」
「アジア新興国でのビジネスに関心がある方」
「海外にビジネスの活路を見出すことを真剣に考えている方」
「現業に加えてビジネス基盤を海外に持とうと考えている方」
「自分の考えているビジネスがタイで成功するか知りたい方」


そのような企業さまや個人経営者の方ににぴったりのセミナーです。

タイビジネス視察セミナー inバンコクのご案内


タイビジネス視察セミナー in バンコク

・日時:2014年10月2日(木)〜10月4日(土)
・セミナー会場:Asiarna Business Center Co., Ltd
バンコクセミナーメイン講師:辺田剛士
・残席:2名
持参品:筆記用具・ノート・名刺

・費用:148,000円(税込み)
※セミナー期間中の食事(昼・夜各2回)込み
※日本・バンコク間の航空券・現地ホテル代は含まれません。

<お支払い方法>

お申込みはコチラ



代金決済完了後、24時間以内にセミナーのご案内を
購入時のメールアドレスにご連絡いたします。


<主催>
鶴田博之(RocketFactory)
畠山善行(Ooparts Planning)


<後援>
D-MARK MAGAZINE

   Asiarna Business Center Co., Ltd


お問い合わせ⇒

<セミナー参加特典>

『タイビジネス視察バンコクセミナー』に仮申し込みされた方に
タイビジネス進出を加速させる特典をプレゼント!

特典 タイビジネス構築テンプレート
(コンサルティング付き)プレゼント!

『タイビジネス視察バンコクセミナー』でタイ現地でビジネスをスタートとできるように、タイに出発前に特典のテンプレートとコンサルでタイビジネス展開をスピードアップ!
※この特典は10/2(木)〜10/4(土)に開催される『タイビジネス視察バンコクセミナー』への仮申し込みされた方に限らせていただきます。

全額返金保証

今回の『たった1日でわかる!初めてのタイビジネス進出セミナーin東京』に参加し、満足いただけない場合は、どんな理由であっても『セミナー代金を全額』お返しします。
<返金可能な期日について>
セミナー受講後10日以内にご連絡があった場合に返金可能。
<返金方法について>
メールにて返金要請してください。
30日以内に指定の口座へお振込いたします。

東京セミナー参加者の声

東京セミナー参加者様より推薦のお言葉を頂きました。

千葉県 石岡様

大好きなタイでビジネス!これからの人生が
ますます楽しみになりました!

千葉県/タイ輸入ビジネスコーティネーター
 石岡のりこ 様

夫の転勤で家族で7年間過ごしたタイ。 子供達も手が離れ、また、久しぶりにタイに触れてみたくなった‥ というかなりお気楽な動機ではありましたが、何かこの『タイビジネス進出セミナー』には、直感的な出会いのようなものを感じて参加させていただきました。
セミナーは私の直感通り、講師の鶴田氏の熱のこもった説明と豊富な情報を聞くうちに私のタイ友好の血(?)が騒ぎ出し、懇親会まで出席。
「タイ人に値切り交渉も出来ちゃうくらいなら……」とコーディネーターといった、タイ進出希望の皆様のサポート役で10月の『タイビジネス視察バンコクセミナー』にも参加と、私のビジネス展開の話がどんどん進行中です。 何気なく起こした行動で、また大好きなタイや東南アジアに関われるとは、これからの人生が楽しみになりました。

神奈川県 伊藤様

「生」で「新鮮」な情報が参考になりました!

神奈川県/メイクアッププロデュースLafaroelsol 代表
 伊藤ゆう子 様

私は仕事の機会で海外へ出向く時や、自分で旅をする時、なんの計画も立てずに「ただ街の声を聞く」といったことや「人の暮らしを見る」というようなことをしています。 何度かタイへも足を運んだときに「日本とタイのビジネスマッチングの可能性」を感じました。 生活スタイルにせよビジネスのマーケティングの流儀にしろ、「ブレンド」ということができる数少ない国のひとつではないかと感じたのです。
私の知人の会社も実際にタイにビジネス進出しており、タイビジネスの潮流を感じていました。 今回このセミナーを受講して、ビジネスに有益な「生」で「新鮮」で「本音」な情報を知ることができ大変参考になりました。 海外でのビジネス進出を検討してみたときに、このような実直なセミナーに参加できてラッキーだったと思います

第1回バンコク視察セミナー参加者の声

タイのバンコクで2014年1月31日〜2月2日に開催された
『タイビジネス視察セミナー2014 in バンコク』参加者様にインタビューしました。

プラグインが必要です。

タイビジネス進出セミナー2014inバンコク/ タイ視察ツアー<ダイジェスト>

このビデオではタイのバンコクで2014年1月31日〜2月2日に開催された
『タイビジネス進出セミナー2014 in バンコク/タイ視察ツアー』の模様をお伝えします

プラグインが必要です。

第1回バンコク視察セミナー
ゲスト講師インタビュー

『タイビジネス視察セミナー2014 in バンコク』のゲスト講師のインタビューをご覧ください。

プラグインが必要です。

よくあるご質問

Q タイ進出の基本情報とは、どんなことでしょうか?
A タイでの暮らしや物価、日常生活での安全面、国民性、ビジネス環境全般などをお伝えします。
Q 海外進出に興味がありますが、具体的なプランはなくてもセミナーに参加できますか?
A 今回のセミナーは、現時点でタイで展開するビジネスプランがない企業様をはじめ、個人の方にでもタイビジネスの可能性をお伝えするセミナーです。『タイがどんな国かも判らない』そんな方に参加していただきたいセミナーです。
Q 『タイビジネス視察バンコクセミナー』の参加費を教えてください。
A 費用:148,000円(税込み)
※セミナー期間中の食事(昼・夜各2回)込み
※日本・バンコク間の航空券・現地ホテル代は含まれません。
※日程が合わない方で、途中参加や途中帰国を希望される方は割引しますので下記までお問い合わせください。
・お問い合わせ⇒
Q 現在タイビジネス進出を真剣に検討しており、現地に足を運びたいと思っています。視察ツアーについて詳細を教えてください。
A タイビジネス視察ツアーの詳細につきましては、メールにて問い合わせを受け付けております。
Q 現在サラリーマンをしていますが、もうすぐ独立起業を考えています。飲食関連、美容業界、IT関連など、資格や経験があるわけではないのですが、こんな私でもタイで独立起業できますか?
A タイでも未経験でも始められるビジネスはあります。現地日本人向けのビジネス、日本とタイをつなぐビジネス、タイの商品を日本に輸入するビジネスなど枚挙にいとまがないほどです。詳しくはセミナー内でお伝えします。
Q タイでビジネスをする場合、タイ語を話せないとダメなのでしょうか?
A 日本語と中学生レベルの英語力があれば、ビジネススタートには問題ありません。必要に応じて現地パートナー・通訳を介するケースがほとんどです。
Q タイでビジネスをする場合に、不便なことはないのでしょうか?
A タイでビジネスをされる方の大半が、首都バンコクを拠点としています。バンコクは日本の地方都市以上の利便性があり、生活に必要なものは何でも揃っています。数万人の日本人が常時暮らしていますので、何ら不便を感じることはありません。
Q 学歴も職歴もない私でも、タイでビジネスをすることができますか?
A ビジネスのスタートに学歴や職歴は関係ありません。やる気とアイデアがあれば十分だと思います。タイは他のアジア諸国に比べると、ビジネス参入の敷居が低いので可能性はゼロではありません。
Q タイが好きで、いつかは現地でビジネスをしたいと考えています。ですが、ビジネスアイデアがありません。こんな私でも大丈夫でしょうか?
A ビジネスの可能性は日本以上にあると考えてください。まず日本人というブランド・価値で提供できるものがあれば、即ビジネスになりうる可能性があります。セミナーでは、ビジネスアイデアのヒント・現地成功起業家の声も紹介しますので、大いに参考になると思います。
Q セミナー参加費の領収書は発行してもらえますか?
A 領収書はメールで送付します。
Q 直前になってセミナー参加できる都合がつきました。事前支払が間に合いそうにありませんが、それでもセミナー参加は可能ですか?
A お申し込み後にお送りするご案内メールに返信する形で、その旨お申し出ください。適時対応させていただきます。
Q セミナーの会場はどこですか?
A お申し込みの方に個別にご案内しております。
Q セミナーにはとても興味がありますが、当日は別の用事があって行けません。
今後のセミナー予定を教えてください。
A 今後の予定は未定となっています。 今回のセミナーのような、中小の企業様、個人経営者様向けに、海外ビジネス展開をお伝えるセミナーは、あまり開催されていませんので、是非ご検討下さい。
Q 10月にタイで行われる『タイビジネス視察セミナー』の詳しい日程や内容を教えてください。
A 『タイビジネス視察セミナー』は10/2(木)〜10/4(土)にタイ・バンコクのアソークで催行します。詳しいスケジュールは、これから参加者様のご要望をお聞きして決定しますので現時点では仮ですが、おおよその内容は以下の通りです。
【10月開催:タイビジネス視察バンコクセミナー日程(仮)】
10/2(木) <午前>
セミナー@『タイビジネス進出のための基礎知識』
    内容:タイビジネス概況等
    講師:辺田剛士
<午後>
セミナーA『タイビジネス進出実践編』
     内容:ビザ取得・現地パートナーの作り方等
セミナーBグループコンサルティング
     参加者属性別ビジネスコンサルティング
<夜>
 講師参加の食事会 
10/3(金) <午前>
視察@『現地進出起業家によるビジネス成功の秘訣』
   内容:在タイ1年〜5年の起業家を訪問
<午後>
視察A 『マーケット視察』
タイ市内のマーケット視察(通訳付)
<夜>
現地起業家との懇親交流会
起業家・投資家の現地の生の声が聴けます  
10/4(土) <午前>
視察B『マーケット視察』
タイ市内のマーケット視察(通訳付)
<午後>
視察C『商業施設視察』(自由参加)
   内容:タイ市内の大型モール視察

バンコク視察セミナー
メイン講師:辺田氏インタビュー

『タイビジネス視察セミナー2014 in バンコク』のメイン講師のインタビューをご覧ください。


追 伸

最後に10月の『タイビジネス視察バンコクセミナー』で講師を努めさせていただきます辺田より、タイビジネスの魅力についてお伝えします。 2015年の「ASEAN統合」により、EU27カ国の5億3000万人を上回る巨大なマーケットが誕生することになります。タイは、いま急成長中のミャンマー、カンボジアなどに隣接し、ASEAN域内のビジネスハブという地政学的にも恵まれた国ですので、今後のミャンマー、カンボジアなどの周辺国へのビジネス進出を見据えてタイに拠点を作ることをオススメします。
今回の東京で開催される『初めてのタイビジネス進出セミナーin東京』は、タイ進出の基本情報から、海外進出計画のために初めに何をすべきかまで「タイ進出のいろは」がたったの一日でわかるセミナーです。タイでどんなビジネスを展開したらいいのか判らなかったり、迷っているといった方には、ミャンマーやベトナム、カンボジアなどの今後のアジア展開を含めたヒントを得られるセミナーになると思います。
また、10月に開催される『タイビジネス視察バンコクセミナー』では、他社の視察ツアーなどでは絶対に手に入らない、あなたのタイビジネスに直結した情報を得たり、人脈を作る事が可能です。 個人の参加でも、市場での買い付けや、趣味や特技を活かしてタイ起業するために、事前にコンサルティングを日本で行い、タイに視察に行ってすぐにビジネスをスタートすることもできます。
今回のセミナーは、大々的には告知をしておりませんが、お席に限りがありますので短時間で定員に達してしまう可能性があります。お早めにお申し込みいただくことをオススメします。では、10月開催の『タイビジネス視察バンコクセミナー』でお会いできることを楽しみにしております。

バンコクセミナー講師:辺田剛士プロフィール
バンコクの中心部アソーク駅前で日本企業向けのレンタルオフィスを経営する傍ら、多くの日本企業のタイ進出コンサルティングやサポート、日本人起業家コミュニティ『タイ王国和僑会』理事などの幅広い活動を行い、タイで成功している多くの経営者とも深いつながりを持つ。タイ在住5年。

タイビジネス視察セミナー inバンコクのご案内


タイビジネス視察セミナー in バンコク

・日時:2014年10月2日(木)〜10月4日(土)
・セミナー会場:Asiarna Business Center Co., Ltd
バンコクセミナーメイン講師:辺田剛士
・残席:2名
持参品:筆記用具・ノート・名刺

・費用:148,000円(税込み)
※セミナー期間中の食事(昼・夜各2回)込み
※日本・バンコク間の航空券・現地ホテル代は含まれません。

<お支払い方法>

お申込みはコチラ

代金決済完了後、24時間以内にセミナーのご案内を
購入時のメールアドレスにご連絡いたします。


お問い合わせ⇒